ガン細胞が増殖する体温と抗がん剤

ガンは低体温35度が大好き 抗がん剤は体温を34度に下げる!

元新潟大学 名誉教授 医学博士(免疫学の権威)  安保 徹
ガン細胞を死滅させる具体的な方法とは。下の動画をご覧ください。

*ガンは3人に2人が発症する、今では人類共通の病気です。
自分の周りでガンになった人を思い出すと頑張り屋さんで、まじめです。ガンはまじめな人に多く、無理して無理して生きている交感神経が緊張状態の極限で起こる病気です。
・・・・・

本来なら、ガンとは紫外線を浴びすぎて皮膚がんになったとか、強い焼酎をストレートで飲んで食道ガンになったとか、直接粘液が破壊されて発症する病気のはずです。

ところが、交感神経の緊張で顆粒球が増え、・・・・・・・・

・ガン細胞が最も増殖する体温は35度,抗ガン剤を使うと一気に34度に下がる。そして33度は,冬山で遭難した人が凍死する寸前の,幻覚が見える時の体温である。

・反対にガン細胞が暴れにくいのは血行のよい体内の環境。
・・・・ガン細胞は,正常細胞に比べると熱に弱く,41度以上で消滅し始め,42・5度を超えるとほとんどが死滅する。発熱こそガンが治る最大のチャンスである。

・転移とは,ガン細胞が散らばり悪化する末期ガンの兆候ではない。むしろガンが小さくなって滅びる最後の段階に入り,回復に向かう兆候。

・・・・だから転移を末期ガンととらえて,抗ガン剤を投与するのは,リンパ球を作る骨髄の造血巣を破壊し,消滅寸前のガン細胞に息を吹き返させる,間違った処方である。

・ガンは決して怖いものではなく,むしろガン細胞は「弱い細胞」。

【荒木式】がん対策プログラム~元ハーバード大学准教授が考案した画期的な食事法~

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

最近の投稿

アーカイブ

▲トップへ戻る