実践!ガンを飢え死にさせる『抗がん』食事法

今回は
ガンを飢え死にさせる『抗がん』食事法 実践編をお伝えします。

『抗がん』食事法、実際にどうやってやったらいいですかと質問を受けました。

正常細胞はミトコンドリアが栄養と酸素を使ってエネルギーを作っているのに対し、
ガン細胞は糖をガン細胞に取り込んで、糖を発酵させてエネルギーを作っている。

正常細胞はケトン体をエネルギー源にできる。
でも、ガン細胞はケトン体をエネルギー源にできない。
だからケトン体を増やせばガン細胞は生きていくことができない、と前回、お伝えしました。

では、

ケトン体とは?
ケトン体をどうやって増やせばいいのか?

低血糖になると脂肪細胞を分解して肝臓がケトン体を作る。

いきなり食事法をすると危険です。だから、まず炭水化物を・・・・

穀物を食べない食生活をする。肉や魚と野菜と果物を中心にとる。
パレオダイエットという方法。

穀物をとらないだけでも健康になっていく。ただ肥満であるというだけなら、それだけで有効な食事法。

ケトジェネティックダイエットに移行する。極めて厳格に糖質を制限していくダイエットになります。
脂質を70%摂取する。

ココナッツオイル オリーブオイル バターであるとか、魚にも良質な油があるから、・・・・

 

一日60グラム以下の糖質に制限すると・・

*********************************

 

前回の『抗がん』食事法を
投稿しましたら

「具体的にどうやってやればいいですか?」
「今すぐ何をやればいいですか?」

という質問を受けました。

確かにやり方は気になるかと思います。

ただ、厳格に厳しく糖質を
制限する最もハードルの高い
食事法になります。

また、現代の炭水化物過剰の
食生活から「抗がん」食事法を
実践すると低血糖になり危険です。

ですので、どうやってケトン体質
に移行させていくのか、

ステップバイステップで
お伝えしました。

 

 

【荒木式】がん対策プログラム~元ハーバード大学准教授が考案した画期的な食事法~

 

 

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

最近の投稿

アーカイブ

▲トップへ戻る