再生医療に騙されてはいけない!

「iPS細胞・STAP細胞?再生医療にだまされてはいけない」船瀬俊介の船瀬塾

 

STAP細胞の正体。これがテキストです。

STAP細胞は、あるんです。

千島・森下学説に触れることは最大のタブー  ロックフェラー財閥が潰した。

千島・森下学説は正しい。

*********

再生医療に騙されてはいけない!
??STAP細胞はリンパ球だ。医療マフィアが扇動した小保方バッシング

●STAP細胞はある!それはリンパ球である。
「食」は「血」となり「肉」となる……。
つまり、栄養源は、血球細胞(赤血球、リンパ球)となり、次に同化して体細胞となる。 この一事をみれば、血球細胞こそが、万能細胞なのだ。
子どもでもわかる。それが、山中教授などエライ先生たちには、理解できない。
教科書秀才は、どこまでいっても記憶マシーン、記憶ロボットなのだ。
人間が飢餓、空腹状態になると、今度は「肉」は「血」となり「食」となる……。
つまり、体細胞は、異化して血球細胞となり、さらに栄養源となり生体を養う。
これが、生命の基本原理である。

●これらを立証するのが闇の弾圧から復活した千島・森下学説だ。
iPS細胞をマスメディアは絶賛し、STAP細胞は徹底的に叩いた。
それを煽ったのがロックフェラー、ロスチャイルド両財閥の国際医療マフィアだ。
そこには、二つの陰謀があった。
一つは、人類に“未来の夢の医療”として、再生医療幻想を煽るためだ。一種の“洗脳”によって、甘い幻想を植え付ける。そのマインド・コントロールのためにiPS細胞の山中教授にノーベル賞を与えたのだ。
もう一つは、STAP細胞を叩き潰すことで、小保方さんらに生物特許が渡るのを阻止した。その利権は、数千億円どころか数十、数百兆円にたっするといわれる。

●さらに、STAP細胞を潰さなければ、半世紀前に圧殺した千島・森下学説が復活するからである。千島・森下学説は、二大医療マフィアの医療支配の虚妄を徹底的に暴くことになる。それは、“かれら”が築いた年に1000兆円という巨大医療市場の崩壊をもたらす。だから、「STAP細胞はない」というペテンの幕引を、“かれら”は計ったのである。

●再生医療などは、虚妄の極み。信じるのは裸の王様の登場人物と同じだ。
iPS細胞の成功率は1%以下! 治療票は軽く2000万円を超える。さらに、確実にガン化すると告発されている。それが医療と呼べるのか。
安倍内閣は、10年間で1100億円もの“研究費”を公費で投入する。まさに、秘密結社イルミナティの臣下として面目躍如である。

●真の再生医療は、すでに存在する。それは、ファスティングである。
断食、少食は、古い臓器・組織はデトックスし、全身の細胞を若返らせる。
そして、この自己浄化と再生で、万病は消えていく。こんな、あたりまえの真理に気付いて欲しい。

 

【荒木式】がん対策プログラム~元ハーバード大学准教授が考案した画期的な食事法~

 

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

最近の投稿

アーカイブ

▲トップへ戻る