クスリは飲んではいけない 船瀬

船瀬俊介 『 クスリは飲んではいけない!? アメリカ食は早死にする 』 ハンバーガー・フライドチキンはおやめなさい! ワールドフォーラム

安保徹先生も薬はあまり飲んではいけない、と本に書いていました。船瀬氏の講演を見てみましょう。すべての人々が薬信仰から開放されるために・・安保先生が推薦文を書いてくださったと船瀬氏は言います。

 

 

ワールドフォーラム2010年6月『 クスリは飲んではいけない!? アメリカ食は早死にする 』 薬剤医療と食産業の虚妄を鋭くえぐった新刊を著者が語る! ― ハンバーガー・フライドチキンはおやめなさい

― 地球環境・医療問題評論家 船瀬 俊介 氏

ワールド・フォーラム6月は、 地球環境・医療問題評論家の船瀬俊介氏をお招きし、今年の4月と5月に出版された最新著、「クスリは飲んではいけない!?」(徳間書店)、

「アメリカ食は早死にする ―ハンバーガー・フライドチキンはおやめなさい」(花伝社) をテーマにご講演いただきました。

「人間は、生まれながらにして自らの内に100人の名医を持っている。」 これは古代ギリシアの 医聖ヒポクラテスの箴言です。この「100人の名医」とは、自然治癒力に他なりません。

そうして、医聖はこう諭しているのです。「われわれ医師が行うぺきは、これら名医の手助けに他ならない。」 つまり、医師が行うべき努めとは、人体にもともと備わっている自然治癒

力が最大限に働くように手助けすることである、 と喝破している。つまり患者の主治医は自然治癒力。医師はその助手にすぎない。これは、永遠不動の医学の真理であり王道です。 と

いう免疫的な視点からのクスリ論となっている。 本来、薬物は私達にとって毒物です。全ての人がクスリ信仰から解放されるために。知ってそうで、知られていない真実。 「アメリカ

食は早死にする ―ハンバーガー・フライドチキンはおやめなさい」(花伝社) 日本人の「からだ」と 「こころ」が壊れていく… 「和食」こそ超ヘルシー。

アメリカに餌付けされた 「食民地」ニッポン。 和食主義、そしてその先の菜食主義は、あなたの命と、他者の命、地球の命をも救う- 。

アメリカ型食生活のまちがい、最大の発ガン物質といえる動物たんぱく質、偽りの栄養学などについて解説する。

◆この続きは【ワールドフォーラムDVD/全編動画】でご覧いただけます。

ワールドフォーラム2010年6月船瀬俊介氏『 クスリは飲んではいけない!? アメリカ食は早死にする 』(2時間33分収録)

【荒木式】がん対策プログラム~元ハーバード大学准教授が考案した画期的な食事法~

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

▲トップへ戻る