がん治療の三大療法 効果

船瀬氏は、講演(動画)で言っています。がん治療の三大療法は、がんを治せないどころか、却って酷くして、死を早めてる、と。日本の医学(会)界は、製薬会社とも結託して、抗がん剤が効かないことや人には自然治癒力があることなどは、認めていないとも。

新医学、代替医療などの日本の医学界が医学、医療とは認めないがん治療の方法に注目が集まっているのではないでしょうか。

NK細胞によるがん治療 ANK免疫細胞療法 のHPにがん治療の基本という、記事を見つけましたので、抜書で紹介したいと思います。コピーですから、あとで削除することもあるかもしれません。

ウィキペディアによると
代替医療(だいたいいりょう)とは、「通常医療の代わりに用いられる医療」を指す用語である。代替医学とも呼ばれる。

近代ドイツ医療社会史専攻の服部伸は、科学的・分析的な近代医学の限界を指摘し、代替医療とは時には霊の力を援用しながら、患者の心身全体の調和を取り戻そうとする医療であり、中国医学や漢方医学、

アーユルヴェーダもこれに含まれると述べている。

日本医学界(会)で、科学的に有効性が裏付けられた医療は通常医療に組み込まれる。ですから、代替医療という言葉自体に矛盾があるともいう。

NK細胞によるがん治療 ANK免疫細胞療法 は次のサイトで。
https://www.lymphocyte-bank.co.jp/shinkou.html

以下は
がん治療の基本のページからの抜書きです。

がん治療・「三大療法」の基本

ANK療法を実施する医師は標準治療として実施される三大療法「手術」「放射線」「抗がん剤」を否定するのではなく、原則ANK療法と巧く組み合わせることを考えます。

まず日本におけるがん治療の基本的なことを整理します。

日本では、がんで亡くなる方は増え続け、国民の3人に1人、男性に限れば2人に1人が、がんで亡くなると言われます。

一方、米国ではここ数年、がん患者の死亡率が下がる傾向にあります。(*注 米国では、抗がん剤治療などが効かないと分かり、やらなくなったから下がったと船瀬氏が言っていましたが。)

先進国中、日本は異常に、がん死亡率が高い国となり、今も下がる傾向が見られない、ともいわれています。

一時は、「早期発見、早期治療で、がんは治る」と言われた時期もありました。後に、「しかし、再発、遠隔転移が問題」とされるようになります。

発生部位に留まっている「限局性」の状態で、手術等によって切除された場合、概ね予後は良好で、再発もしない傾向がみられます。

一方、「見えるところは全部、切った」後でも、既に微小分散がんが、方々へ飛び散っていた場合、再発や転移に至り、標準的ながん治療だけでは、手詰まりになってしまいます。

概ねの傾向として、「限局性」のうちに標準治療を受けられた方の多くは、命が助かるのに対し、がんが、転移性向(飛び散る性質)を獲得したあとから、標準治療だけに頼られた場合は、予後がよくありません。

再発・遠隔転移に対し三大療法だけでは難しい

一口にがんと言っても様々です。胃がんの5年相対生存率を比べると、発生部位に留まる「限局性」のものは95%。活発に転移し全身に拡散する「遠隔転移性向」が強いものは、わずか3%です。

局所性のがんで亡くなる方はごく一部、一方、全身性のがんでは、ほとんどの方が亡くなるのが実態です。

がんの進行

本人の自覚はほとんどなく、検査を受けても異常が見つからなくても、がんは密かに進行し、発見された時には、相当、進行していることも珍しくありません。一度、勢いがつくと、進行がんはあっという間に悪化します

もう一つ厄介なのは、がん幹細胞です。がん幹細胞は、放射線や抗がん剤には強く抵抗し、生き残ります。がん幹細胞がわずかでも飛び散ると新しい腫瘍をつくる元になると考えられています。

悪性度の高い、遠隔転移をする勢いの強いがんの場合は、全身性の疾患と捉えるべきであり、局所療法だけで制圧するのは無理があります。ところが、

外科手術や放射線(エックス線)、
あるいは最新の重粒子線や陽子線など、
いずれも、局所療法です。

標準治療が得意なことと苦手なこと
標準治療として実施される手術、放射線、抗がん剤は、原発性の初期がんを一時的に叩くのが得意です。

再発や転移するがんに対する三大療法

外科手術は分散してしまった微小がんには対応できません。
手術で見える塊は全部とれても、手術時点ですでに微小ながん細胞集団が方々へ飛び散っている可能性があります。

放射線も全身照射はできません。

再発や遠隔転移となれば、標準治療における全身療法として、抗がん剤を使うことが基本になります。抗がん剤は増殖中の細胞に対して、無差別に遺伝子に傷をつけるようなものが多いです。

つまり、勢いの激しいがんほど、よく効きます。がんに対して、一時的に大きな打撃を与えることは得意です。非常に増殖が速い白血病の一部や、小さな子供のがんの場合、抗がん剤だけで、事実上の完治に

至ることもあります。

ところが抗がん剤は、薬剤耐性を招き、効果がなくなる時がきます。成人の固形がんの場合、抗がん剤だけで、がんが事実上の完治になることは、まずありません。
(*注 船瀬氏はガン細胞は、抗がん剤を注射しても遺伝子をカチャカチャと組み替えて生き残り耐性をもつんだと言っていましたが、そのとおりのことを書いていますね。)

更に抗がん剤は、免疫系に打撃を与え、中長期的には、がんの増殖を加速させることになります。(*注 船瀬氏は、抗がん剤をすることで、ガンを酷くし却って死を早めてると言っていますがここに、はっきり加速すると書いてますね。)

患者様の生命力を傷めず、むしろ回復させ、微小分散がんを全身すみずみまで叩くには、体内のがん細胞を狙い撃ちできる免疫細胞、特に、NK細胞を動員するしかありません。

以上 抜書です。サイトへ跳んで全文を見られることをおすすめします。

【荒木式】がん対策プログラム~元ハーバード大学准教授が考案した画期的な食事法~

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

最近の投稿

アーカイブ

▲トップへ戻る