日本のガン治療と、世界の違い 細川博司氏が語る

癌は怖くない!『日本のガン治療と、世界の違い』

癌は怖くない! 今回のテーマは『日本のガン治療と、世界の違い』
このテーマは誰もが気になるテーマではなかろうか?
日本は、経済的にも文化的にも医療分野的にも先進国?
いや、本当だろうか? もしこれが錯覚だとしたら・・・

医者 細川博司氏が語る。

アメリカは1990年から、はっと気付いた。統合医療あるいは代替医療を認めた。もう28年ですか。7,8割は統合医療です。

日本は20年は遅れている。いや28年遅れですか。

アメリカは選択肢が多いです。統合医療のほかサプリメントも多用している。意識の高い人は西洋医学はやめた、となっている。アメリカも田舎のほうにいくと違いますよ。例えばデンバーなど

統合医療は、なんじゃそりゃと認めない人がいる。・・・
そのあと船瀬氏と同じようなことを話しています。ホメオパシーとかロックフェラーが農業や医療を支配していたことなど。

お風呂にゆっくり入りましょう。30分浸かりましょう。風呂からあがったら、熱いお茶を飲みましょう。体温をあげることが
ガン治療の基本です。

高い薬つまり抗がん剤は効きはしません。副作用があります。毒なのです。

【荒木式】がん対策プログラム~元ハーバード大学准教授が考案した画期的な食事法~

糖尿病が改善しなければ全額返金!数々の糖尿病患者を改善させてきた食養理論の決定版!井上俊彦のメディカル・イーティング(糖尿病篇)~糖尿病改善への挑戦~

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

最近の投稿

アーカイブ

▲トップへ戻る