脳梗塞とは何?脳こうそくの危険性 動脈硬化の改善

脳梗塞(脳卒中)と聞くと、どんな症状を思い浮かべますか?
脳梗塞は別名脳軟化症とも呼ばれ、脳細胞や神経に栄養や酸
素を運んでいる動脈(血管)が何らかの原因によって詰まる
(閉塞、狭窄)ことです。

ストレスによって自律神経のバランスが崩れたり、ストレスに
関係するホルモンが影響すると、血管の収縮や血圧の上昇が起
きる。それが長期間続けば、脳梗塞の原因となる可能性があり
ます。

ストレスと脳梗塞. 脳梗塞や脳卒中は、高齢の人だけに関係す
る病気ではありません。最近では、働き盛りにある人たちが、
脳梗塞や脳卒中で倒れてしまうケースも増えています。 脳梗
塞は、脳の血流が途絶えてしまうことによって起こります。そ
の原因は、動脈硬化にあります。

脳卒中(脳梗塞・脳出血・くも膜下出血)にならないために生
活習慣病を予防しましょう。めまい・しびれ・麻痺・言語障害
のリスクをともなう脳卒中は、その症状は突然やってくるもの
ですが、そもそもの原因は食生かの乱れや不摂生の積み重ねに
よるものです。

脳梗塞に気をつけるべき病気などのタイプ

心臓病
心房細動、弁膜症などがあると心臓付近で血栓ができやすくな
ります。そして、その血栓が流れていき、脳内の血管で止まっ
てしまうことが多いのです。

高血圧
血圧が高いと血管を痛めやすくなります。それが動脈硬化を進
行させる場合もありますし、血管を痛めると、そこに血栓がで
きてしまい脳血栓を引き起こします。

糖尿病
血液が固まりやすく、血栓ができやすくなります。また動脈硬
化の重大な危険因子でもあります。

高脂血症
動脈硬化を進め、脳梗塞の危険を招きます。

肥満
糖尿病や高血圧、高脂血症、心臓病などを招きます。肥満は万
病の元と言われていますね。

喫煙・大量飲酒
タバコは説明するまでもなく、百害あって一利なしです。様々
な病気の主原因ともなっていますが、動脈硬化や心臓病を引き
起こしますし、ドロドロ血液の根源でもあります。

また、大量の飲酒も、血圧を上昇させ、動脈硬化を進めてしま
います。それには脂肪肝になることが原因となるのです。

ストレス
高血圧、高脂血症、糖尿病、心臓病などすべてを悪化させる危
険因子です。特に、過剰なストレスは血管を収縮させ細くさせ
るので、ますます血液が流れにくい状態になるとも言えます。

脱水症状

血液が濃くなり固まりやすくなります。血液が固まりやすいと
血栓ができやすくなってしまいます。スポーツ中や、寝ている
時なども、かなりの水分が失われていますので、要注意です。

加齢・遺伝
年を取れば血管は弱くなり、動脈硬化も当然進行します。

酒の飲み過ぎや更年期障害などが原因で脂肪肝になると体のな
かにどんどん脂肪が増えてきて、動脈も硬化します。それを改
善するにはリン脂質をとったり、ケルセチンやLTPなど

動脈硬化を改善するものを摂るといいです。

【発酵黒にんにく酢卵黄】

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

▲トップへ戻る