最先端栄養療法で、日本から、がんは5年で消滅する!?宗像久男

【荒木式】がん対策プログラム~元ハーバード大学准教授が考案した画期的な食事法~

 

宗像久男先生『最先端栄養療法で、日本から、がんは5年で消滅する!?』 統合医学医師の会公開講演会ワールドフォーラム2011年8月連携企画

日本から「癌と難病をなくす為の講演会」
統合医学医師の会8月公開講演会 2011年8月21日(日)開催

 

 

宗像先生の講演の一部を抜粋すると

 

素人は知ろうとしない。医師は言う? 私はプロだよ。素人は黙っていなさい、てか。
アメリカで、抗がん剤はガンには効かないと発表されている。

リンパ球がガンと戦う。ガンになるとリンパ球が減少する。

血液の流れ、リンパの流れがいい、というのが健康。
ガンの方は低体温。ガンを治すには体温を上げる。

自分の体の酵素活性がガンを治す方法。

 

ガンを治すのには、やはり酵素が大事な役割を果たしているようです。

 

◆宗像久男先生プロフィール・・・1948年福島県生まれ、昭和45年3月早稲田大学社会科学部卒業 1975年早稲田大学大学院経済研究科国際経済学専攻、96年3月長崎大学医学部卒業、2004年ナチュラルクリニック代々木開設、医療法人社団・一友会初代院長に就任、07年CCSクリニック院長に就任、08年医療法人社団一友会・理事長就任後、11年銀座ヘルスケアクリニック院長就任。

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

最近の投稿

アーカイブ

▲トップへ戻る