発がん物質 癌の原因は皆が食べる〇〇だった

発がん物質
 食品 タール着色料 欧米では禁止されているものが多い

欧米型の食生活  肉製品 乳製品 が発がん性が高い
    動物性のたんぱく質を減らす

たんぱく質はどこから摂るか

 植物性たんぱく質 大豆がいい  がん予防の効果もある

ガンとは 発がん物質が正常な細胞をがん細胞に変化させ増殖することで
身体に有害な症状を及ぼす病気

そこで問題なのは

癌の主要な原因が発がん物質か発がん物質を活性化させる体内の状態か?

発がん物質の代謝を活性化する酵素

 がんの罹患率は国によって大きく異なる
  特に欧米型の食生活を行っている地域は癌の罹患率が高い傾向にあった。

実は

がんの最大の発生の要因は動物性のたんぱく質だったといわれている。
とくに、肉製品、乳製品ががん細胞を活性化させる酵素を多く含んでいる、
と言われている。

【荒木式】がん対策プログラム~元ハーバード大学准教授が考案した画期的な食事法~

人気の投稿とページ

最近の投稿

アーカイブ

▲トップへ戻る